| |
TOP <<


 2004.01.05. Q&A 掲載開始 



 今年の8月下旬、胡錦濤中国国家主席等が中国光産業の発祥地と称される武漢郵電科学研究院等を考察された。10月11日〜14日、魯副院長/同グループ副総裁(写真の左から二番目)が団長とし、同研究院王副技術総監や烽火通信公司李副総裁等7名の方々より構成された訪日代表団が来日し、12日午前当社に訪ね、多様な意見交換等を行った。その後、当社張社長等のご案内の下、訪日代表団が日本を代表する日本企業等への訪問見学や情報交流等を展開。




Photograph: by TBI , Mr. Sato





  
新着更新 <<