| |
TOP <<

 2004.01.05. Q&A 掲載開始 



 上海知識産権園(上海知的財産パ−ク)とは   WTO加盟後、 中国経済が世界経済の時流と同期しつつある中、 上海市における「科学教育による市の振興(科教興市)」という発展戦略のもと、中国における“知的財産ビジネスに関する公共サービス・プラットフォーム”として、上海市知財局ならびに上海市楊浦区政府の共同発起により、 上海市工商管理局、上海市版権局、上海市職工技術協会等からの協力を得て、2004年4月19日に正式に設立された。

 当パークは、知財をコア競争力として重視したビジネスモデルの構築と運営の支援に向けた、中国国家で初の知財を主要テーマにしたビジネスパーク(産業区)である。当パークでは、去る2004年9月16日に、“放飛夢想”と題した、今後の発展計画発表会を開催し、招待を受けて当社張、佐藤が参加した( Photograph: by TBI , Mr. Sato )。


上海知的財産パ−ク管理委員会ビル


上海知的財産パ−ク初の発表会


上海市知的財産局陳局長
が当社張社長と意見交換


上海知的財産パ−ク招商服務センタ長とパ−ク計画について歓談

 上海知財パークが立地する「上海市楊浦区 」は、上海市政府が定める重点的産業活性化地区として、産業化促進のための多くの経営資源 (企業、人材、投資、技術、ブランド)が集まりつつある特徴的な地区であり、 また、近隣には復旦大学、同済大学など国家重点大学をはじめ、上海市を代表する主要な大学が林立している。まさに、今後の「産学官連携」のコアとなる地区といえる。

 当パークでは上海市政府の支持のもと、「知的財産の創造・尊重・保護 」を主要コンセプトと位置づけ、“中国先進企業の知財の集約と共栄”“国内外の企業の知財の保護・協力・移転支援”などの責任を担い、 主要各活動を通して、“知財ビジネス交流事業”を促進し、国内外からの叡智を集め、中国経済と世界経済の架け橋となるべく、誠心誠意、サービス提供をおこなうことを目指す。


当社と上海知的財産パ−クとの協力協定の調印式を実施


当社中国ハイテク産業開発区等への訪問等に関する写真報告



  
新着更新 <<