| | | | | |
新着情報 情報履歴
                                      TOP <<


新着情報履歴





2016.12.26
 
  年末年始の 2016年12月29日(木)-2017年1月3日(火)は新年の休暇とさせて頂きます。 
2016.11.20
 
  当社CEOも立教大学大学院ビジネスデザイン研究科編著『ビジネスデザインと経営学』(同研究科創設15周年記念出版)に参加。 
2016.10.08
  当社CEOによる事業構想を踏まえた研究が「BMAジャーナル 」(ビジネスモデル学会誌)創刊号にて掲載。
2016.09.16
  社内懇談会「自身の立ち位置を確認しつつ、如何にして顧客価値を一層創出していくのか」をテーマに開催。
2016.07.15
 
  立教大学大学院ビジネスデザイン研究科(立教大学ビジネススクール)にて本年度担当「ビジネスモデル論」を終了。 
2016.06.20
 
  当社CEOによる連載「ビジネスモデル『探険』談 」に 「第38回 事業構想力とビジネスモデル構築力 」が公開。 
2016.05.25
 
  幹部向け「ビジネスモデル構築力研修テキスト」をバージョンアップし、関連業界に向けて営業開始。 
2016.04.15
 
  立教大学大学院ビジネスデザイン研究科(立教大学ビジネススクール)にて新年度担当「知財(経営)論」をスタート。 
2016.03.10
 
  幹部向け「進化し続けるマーケテイングを知る|実践マーケティング研修シリーズ」最終回を実施。 
2016.02.20
  当社CEOによる連載「ビジネスモデル『探険』談 」に 「第36回 製配販連携を目指すビジネスモデル 」が公開。 
2016.02.08
 
  利用者のご要望に応じて、当社「ライセンシングサービス」のアクセスフロー登録フォーム等について、より解りやすく更新。 
2016.01.18
 
  ビジネスモデル学会主催第26回イブニングセッション 「俯瞰学で日本を識る、そしてどうする日本!」に参加。 
2016.01.18
 
  幹部向け「進化し続けるマーケテイングを知る|実践マーケティング研修シリーズ」第5回を実施。
2016.01.05
新年のご挨拶 「ビックデータや人工知能、そして Iot などの本質を追求! 」 (By 当社CEO)


2015.12.24
 
  年末年始の 2015年12月30日(水)-2015年1月4日(月)は新年の休暇とさせて頂きます。 
2015.12.14
 
  経営幹部を対象にし「実践マーケティング」をテーマとする勉強会に出講し、参加者一同と意見交換。 
2015.11.18
 
  日中間のハイテク産業並びに科学技術の交流や連携の在り方に関する懇談会を開催。 
2015.10.16
 
  企業幹部研修向け「イノベーション戦略トレーニングテキストVer.3」の検討チームを発足し作成へ。 
2015.09.28
 
  経済産業省2015年度補助事業プロジェクトに関する共同検討委員会に出席し、助言等に参加。 
2015.09.11
 
  利用者のご要望に応じて、当社「ライセンシングサービス」のアクセスフロー登録フォーム等について、より解りやすく更新。 
2015.08.22
 
  日本晴海グランドホテルにて、社会人向け「研究とビジネスプランの進め方」夏季合宿実施。 
2015.08.20
 
  当社CEOによる連載「ビジネスモデル『探険』談」に 「第33回 マッチング&アグリビジネスとビジネスモデル 」が公開 
2015.08.03
 
  一般財団法人リモート・センシング技術センター殿から、同財団設立40周年記念式典にて、当社への感謝状を拝受。 
2015.07.16
 
  日本知財学会主催第1回定例研究会 「知財部門から社長へのメッセージ」に出席し、議論に参加。 
2015.06.22
 
  中国上海における社会人向けの経営教育などに関する現地調査を実施し、担当責任者等と情報交換。 
2015.06.12
 
  JST(国立研究開発法人 科学技術振興機構)CRCCよりの委託業務成果としての調査報告書が公開。 
2015.05.25
 
  ビジネスモデル学会運営委員会大賞特別委員会主催第1回研究会に出席し、議論に参加。 
2015.04.06
 
  特命チームによる 「ビジネスモデルのイノベーション」を仮題とする中期戦略の策定、実行スタート。 
2015.03.11
 
  台湾におけるサイエンスパークや国際知財事務所 (台北、新竹、台中及び台南)を訪問し、近況交換。 
2015.02.19
 
  経済産業省2014年度補助事業プロジェクトに関する共同検討委員会に出席し、助言等に参加。 
2015.02.18
 
  農林水産省2014年度委託業務関連の共同検討委員会に出席し、助言等に参加。 
2015.01.05 新年のご挨拶 「一層、「真価」を創り出すアクションに全力を! 」 (By 当社CEO)


2014.12.20   年末年始の 2014年12月27日(土)-2015年1月4日(日)は新年の休暇とさせて頂きます 
2014.11.06    特命チームによる 「ビジネスモデルのイノベーション」を仮題とする中期戦略の検討案が作成
2014.10.18   ビジネスモデル学会2014年秋季大会「新しい産業 Smart Agricultue 〜新しい仕事「グリーンカラー」の創成〜」が開催 
2014.10.08    アライアンス体制によるアグリビジネスに関連する新たな調査プロジェクトが始動 
2014.08.21    地方巡回ゼミナー「事業創出やサービス再構築に向けて〜ビジネスモデルとイノベーション」を題とする講演終了 
2014.07.17    早稲田大学研究戦略センターにて、日本知財学会デザイン・ブランド戦略分科会主催「3Dプリンタと知財」開催
2014.07.01    日本知財学会設立10周年記念出版に「日本企業における知財戦略の在り方に関する一考察」(当社CEO)も入選 
2014.04.19 利用者のご要望に応じて、当社「ライセンシングサービス」のアクセスフロー登録フォーム等について、より解りやすく更新
2014.04.19 日中産学官交流機構、第1回「中国塾」開催、「全人代政府活動報告の概要」等、講演複数
2014.03.25 当社自主企画 「科学技術の夢とロマン 」 更新、第81弾、NECプロジェクトマネージャが語る「宇宙への挑戦」(外部リンク)
2014.02.26 当社CEOが日本プレースセンターにて行われる『スイカの原理を創った男』(日本評論社)「出版お祝いの会」に参加
2014.02.22 当社CEOのBMA主催人気イブニングセッションにての出講、「活きるビジネスモデルの底流を探る 」記事が公開
2014.01.10 特命チームを発足し、 「ビジネスモデルのイノベーション」を仮題とする中期戦略の基本方針検討がスタート。
2014.01.06 新年のご挨拶 「イノベータ―の一員として、真の顧客価値の発見と実現に! 」 (By 当社CEO)


2013.12.20 年末年始の 2013年12月28日(土)-2014年1月5日(日)は新年の休暇とさせて頂きます
2013.11.14 当社CEOがBMA主催人気イブニングセッションに出講、テーマは「活きるビジネスモデルの底流を探る
2013.09.16 当社CEOが SankeiBiz 「生かせ!知財ビジネス」“第三の矢”の課題に登場し、「事業提案なき日本の海外知財展開」と指摘 
2013.09.05 日本ビジネスモデル学会運営委員会に参加し、 2013年秋季大会「ソーシャルビジネス」を巡って議論や提言 
2013.08.25 チキンラーメンが誕生の日!横浜にて、知財の観点から、イノベーションの観点から、ビジネスモデルの観点からの考察会
2013.07.11 中国の北京、西安、成都、武漢、上海にて、有名大学や技術取引機構にて、日中間の交流や協力について意見交換
2013.07.02 三菱化学科学技術研究センター(MCRC)を訪問し、同社が「KAITEKI 」を実現するための新商品・新技術・新事業について交流
2013.06.06 当社CEOの論考「日本企業の知財戦略の在り方に関する一考察」、日本知財学会知財学セミナールの冊子に入選
2013.05.08 時流の変化に応じて、「当社が提供するメインサービス及び関連サービス」の一部について検討
2013.04.17 日本マーケティング学会第4回マーケティングサロン「戦略とは何かを話しましょう」に参加し、議論へ
2013.03.28 当社CEOの論考「知財経営教育の在り方に関する一考察」が立教DBAジャーナル」、第3号、2013年3月にて公開
2013.03.11 利用者のご要望に応じて、当社「ライセンシングサービス」のアクセスフロー登録フォーム等について、より解りやすく更新
2013.02.25 当社自主企画 「科学技術の夢とロマン 」 第71弾 「農業にもっと夢とロマンを 」を公開
2013.01.27 日本知財学会知財教育分科会にて「Rikkyo Business School における知財教育の実践報告」を発表
2013.01.10 当社CEOによる連載「ビジネスモデル『探険』談」に 「第17回 ケースリンク:ユニクロのビジネスモデル 」が公開
2013.01.04 新年のご挨拶 「創発的構想や感動の物語の創出に全力! 」 (By 当社CEO)


2012.12.28 年末年始の 2012年12月29日(土)-2013年1月3日(木)は新年の休暇とさせて頂きます 
2012.10.25 利用者のご要望に応じて、当社「ライセンシングサービス」のアクセスフロー登録フォーム等について、より解りやすく更新
2012.09.22 当社CEOによる連載「ビジネスモデル『探険』談」に 「第14回 再生可能エネルギーのビジネスモデルを考える 」が公開
2012.08.10 当社CEOによる連載「ビジネスモデル『探険』談」に 「第13回 中国最良ビジネスモデル賞について 」が公開
2012.07.20 JST「中国の産学研連携の現状と動向」調査研究報告書が公開(弊社は委託を受け、調査・検討・執筆を実施)
2012.07.03 東京新聞「談論誘発」コーナー、当社CEO執筆「ビジネスモデルの転換急げ」を掲載 
2012.06.07 ビジネス関連大賞検討会議にて 「ビジネスモデルをめぐる研究現状の一角」を題とする特講
2012.04.19 当社CEOがアジアビジネス探索セミナー「日本企業における中国の特許戦略」を題とする講演 
2012.03.31 ビジネスモデル学会「生活産業のアジア展開」をテーマとする2012年春季大会、実行委員長を務める 
2012.03.22 当社CEOによる連載「ビジネスモデル『探険』談」に 「第9回 ビジネスクリエーターとビジネスモデル」が公開 
2012.03.21 当社自主企画 「科学技術の夢とロマン 」 第57弾 「 広告業界の現状とモバイル広告の動向について 」を掲載
2012.03.07 当社CEOによる連載「中国のイノベーション」に 「第44回 商標権紛争が映すものとは(中)」が公開
2012.02.29 当社CEOによる連載「中国のイノベーション」に 「第43回 商標権紛争が映すものとは(上)」が公開
2012.02.28 当社CEOによる研究「ビジネスモデルの定義及び構造化に関する序説的考察」を立教DBAジャーナル No.2 掲載
2012.02.08 当社CEOによる連載「中国のイノベーション」に 「第42回 中国各地域の1人当たりのGDPと最も近い国」が公開 
2012.01.31 当社CEOによる連載「ビジネスモデル『探険』談」に「第7回 生活産業のアジア展開に貢献するビジネスモデルを」が公開
2012.01.24 当社CEOが China biz Forum 主催研究会 にて 「『製造力』から『技術力』へと向かう中国の最新動向」を題とする講演
2012.01.04 新年のご挨拶 「顧客価値の創出、臨機応変な対応に情熱を注ぐ! 」 (By CEO)


2011.12.21 当社自主企画 「科学技術の夢とロマン 」 第57弾 「 ライフスタイルを変える予感 」を掲載
2011.11.09 当社CEOが「技術経営の理論と実践〜日本企業の経験と教訓〜」を題とする講演(中国特許週間・海南地域イベント) 
2011.09.29 当社自主企画 「科学技術の夢とロマン 」 第54弾 「 人の心に帰結するテクノロジー〜高齢者に寄り添う支援技術〜 」を掲載
2011.08.25 当社CEOがビジネスモデル学会「ビジネスモデルの輪」にて「ビジネスモデル『探険』談」第2回を公開 
2011.08.20 当社が提供する関連サービス〜 「講演・研修」 メニューのリニューアルが公開 
2011.08.10 当社CEOがビジネスモデル学会「ビジネスモデルの輪」にて「ビジネスモデル『探険』談」をスタート
2011.07.25 利用者のご要望に応じて、当社「ライセンシングサービス」のアクセスフロー登録フォーム等について、より解りやすく更新
2011.06.23 当社自主企画 「科学技術の夢とロマン 」 第51弾 「自然災害と地球観測衛星〜観測と利用事例〜」を掲載
2011.05.20 当社自主企画 「科学技術の夢とロマン」 第50弾の公開を記念し 「 『科学技術の夢とロマン』第50弾の公開に寄せて 」を掲載
2011.05.10 当社自主企画 「科学技術の夢とロマン」 第50弾 「 産業クラスターの形成と発展に向けての期待 」を掲載
2011.05.02 当社マッチング部が編集「実ビジネスの参考に資する産学官マッチング関連リンク集」更新 
2011.04.21 当社CEOが 大阪市立大学大学院 創造都市研究科 主催 ワークショップ にて講演
2011.02.25 JST「中国の技術移転の現状と動向」調査研究報告書が公開(弊社は委託を受け、調査・検討・執筆を実施)
2011.01.25 メルマガ 「ちょうはがき」最新号 「No.104 みんなで取り組もう!イノベーションの開花へ」を配信
2011.01.20 当社自主企画 「科学技術の夢とロマン 」 第46弾 「科学技術創造立国を再認識せよ 」をリンク
2011.01.04 新年のご挨拶 「先例なき時代に立ち、構想力!開拓力!現場力! 」 (By CEO)


2010.12.28 年末年始の 2010年12月29日(水)-2011年1月3日(月)は新年の休暇とさせて頂きます
2010.12.20 当社自主企画 「科学技術の夢とロマン」 第45弾 「新しい商標と香りの登録 」を掲載 
2010.11.29 当社CEOが 滋賀バイオ産業推進機構 主催「バイオビジネスセミナー」 にて講演
2010.11.08 当社マッチング部が編集「実ビジネスの参考に資する産学官マッチング関連リンク集」公開 
2010.10.06 当社CTOによるビジネスモデル学会情報サイトへの投稿 「 ビジネスモデル学会創立10周年記念講演を拝聴して
2010.09.30 当社自主企画 「科学技術の夢とロマン」 第42弾 「走る!家電(しかもエコ?) 〜電動バイク元年〜 」を掲載 
2010.09.15 利用者のご要望に応じて、当社「ライセンシングサービス」のアクセスフロー登録フォーム等について、より解りやすく更新
2010.08.30 当社自主企画 「科学技術の夢とロマン」 第41弾 「技術素人の 目線で見る発明 」を掲載
2010.07.29 当社自主企画 「科学技術の夢とロマン」 第40弾 「先人に学ぶ〜ドラッ
カー再考〜
」を掲載 
2010.06.21 当社自主企画 「科学技術の夢とロマン」 第39弾 「GIS情報の利用促進に関して 」を掲載 
2010.06.18 フジサンケンビジネスアイ 企画特集 「知的財産を生かすビジネス者フォーラム2010」が掲載。当社、パネラーとして参加
2010.05.20 当社自主企画 「科学技術の夢とロマン」 第38弾 「グリーンな科学技術とは? 〜第二回グリーンIT EXPO を視察して〜 」を掲載
2010.05.07 本田技研工業本社にて開催されたセミナーで、当社CEOが「中国におけるハイテク産業、ハイテク企業及びハイテク分野」を講演 
2010.04.23 日中テクノビジネスフォーラム(JCTBF)主催 「中国上海技術取引市場視察交流提携ツアー」に参加 (報道@報道A 
2010.03.24 フジサンケンビジネスアイ 主催 「知的財産を生かすビジネス者フォーラム2010(PDF)」に、当社、パネラーとして参加
2010.03.10 利用者のご要望に応じて、当社「ライセンシングサービス」のアクセスフロー登録フォーム等について、より解りやすく更新 
2010.02.22 本日発刊のFuji Sankei Business i インサイド版記事「急成長する中国の技術取引市場 」で当社の動向を紹介
2010.02.15 当社「主要業務 」関連ページをリニューアルし、調査研究&コンサルテ
ィングなどに加え、ライセンシングサービス等の内容を具現化
2010.01.06 DND (Digital New Deal 研究所主宰 ) 連載コラム 「第31回  「虎」を含む四字熟語、そして新年挨拶! 」公開
2010.01.04 新年のご挨拶 「 確かな鼓動を続け、成功物語の創作に注力! 」 (By CEO)


2009.12.28 年末年始の 2009年12月29日-2010年1月3日 は新年の休暇とさせて頂きます
2009.12.25 当社自主企画 「科学技術の夢とロマン 」 第35弾 「人の未来とネイチャーテクノロジー 」が公開
2009.12.10 ダイヤモンドオンライン連載「中国は今」第40回「日本のハイテク技術が欲しい中国と・・・ 」関連の取材を受けて提言
2009.10.15 中国上海にて新たな日本語総合情報誌として Bros Business 創刊!当社CEOが同誌「産業動向コラム」の執筆陣1人に
2009.09.15 当社CEOがJST産官学連携ジャーナル Vol.5 No.9 にて「中国における大学サイエンスパーク」を紹介
2009.08.26 メルマガ 「ちょうはがき」最新号 「周知協力:特別開催!日中ハイテク産業研究交流会〜参加者募集、先着5名!〜」を配信
2009.07.10 中国最大の 農、林、水、食国際博覧会 の指定窓口事務局として、同博覧会の申し込み受付開始
2009.06.25 当社CEOが京都商工会議所主催 「第2回中国ビジネス勉強会〜知的財産保護対策〜」に出講
2009.04.18 中国「国際健康生活スタイル博覧会(上海)」を視察し、同博覧会組織委員会事務局と相互協力協定に調印
2009.04.17 JST 中国総合研究センター調査レポート「中国におけるサイエンスパーク・ハイテクパークの現状と動向 」が公開(弊社調査・執筆担当)
2009.04.15 DND 連載コラム 「第25回 松島先生 と ビジネスモデル・イノベーション 」公開
2009.03.10 メルマガ 「ちょうはがき」最新号 「No.84 みんなで考える、長寿企業の秘訣とは何か?〜「充電」会合のご案内〜」を配信
2009.02.04 DND 連載コラム 「第24回 中国ハイテク産業、ハイテク企業、及びハイテク分野」公開
2009.01.30 当社CEOが(独)科学技術振興機構(JST) 中国総合研究センター主催 第13回研究会 にて講演
2009.01.05 新年のご挨拶 「イノベーションの風とともに、『異』の集合、結合、融合に取り組む!


2008.12.26 年末年始の 2008年12月29日-2009年1月3日 は新年の休暇とさせて頂きます
2008.11.28 当社主要業務・事例紹介ページにて、「 日中における環境・エネルギー関連実績 」(部分)を掲載
2008.10.27 当社自主企画 「科学技術の夢とロマン 」 第28弾 「時空を超えた夢を求め続けて 」が公開
2008.10.21 中国54の国家ハイテク産業開発ゾーンの中で上位4位にあたる西安国家ハイテク産業開発ゾーン代表団が来社
2008.07.28 当社サイトマップ を一新したことに続き、GKLアプローチを活かした知財ビジネスを応援する当社MOT研究所サイト も更新
2008.05.12 (独)工業所有権・研修館企画・監修「知的財産権取引業の育成支援に関する調査研究報告書 」において当社も紹介
2008.05.05. 当社も後援「日中共催特別セミナー in OVCEXPO 2008」(中国光谷・武漢)が大成功!
2008.04.14 今年も立教大学大学院ビジネスデザイン研究科にて「知的財産論 」及び「イノベーション・マネジメント 」を講義
2008.03.17 日刊工業新聞が当社日中アグリビジネス関連サービス、農業展開支援や博覧会出展橋渡し等を紹介
2008.03.13 当方CEOが財団法人貿易ビジネス支援センター主催実務セミナーにて「中国におけるアグリビジネス:その課題とチャンスを考える」講演
2008.01.23 DND研究所連載コラムにて、当方CEOの「温故創新、日中の掛け算関係の構築へ」寄稿を掲載
2008.01.04 新年のご挨拶 「温故創新、先を見捉えた実行力を持って最前線へ!


2007.12.25 年末年始の 2007年12月29日-2008年1月3日 は新年の休暇とさせて頂きます
2007.12.19 当方CEOが大阪工業大学主催「知的財産流通国際シンポジウム 〜創薬知財の活用〜」にて講演
2007.11.28 当方CEOが日本農林水産省主催「アグリビジネス創出フェア2007 」にて 「中国におけるアグリビジネスの最新動向及びチャンス 」を講演
2007.10.09 当社(ご希望の個人宛も含む。)への取材などのご依頼やご相談は、お手数ですが、事前に こちら に記入するようお願いします
2007.09.05 人材募集!業務拡大のため、経営コンサルタント、ITエンジニア若干名を募集します。詳細は こちら をお読み下さい
2007.07.25 当方CEOが日本知財学会産学連携・ベンチャー分科会にて 「中国における産学連携の最新事情」を題して講演
2007.06.20 独立行政法人科学技術振興機構(JST) 中国総合研究センター マンスリーレポート No.9 に当社CEOの 特別寄稿 を掲載
2007.04.11 Digital New Deal 研究所特別集中連載コラム 「 イノベーション25戦略会議 」 への緊急提言に当社CEOの 連載開始 
2007.04.10 日中テクノビジネスフォーラム(JCTBF)主催「第3回日中ネットシンポジウム」の開催を協力
2007.02.16 当方CEOが 「情報通信と光技術フォ-ラム (ICOTフォ−ラム)」 の定例研究会にて講演
2007.01.15 当社、 国際特許流通セミナー2007 (主催: 独立行政法人工業所有権情報・研修館)参加者への資料展示等に参加
2007.01.04 新年のご挨拶 「洞察力、構想力、対話力、融合力、実行力を持って!


2006.12.25 年末年始の 2006年12月29日-2007年1月3日 は新年の休暇とさせて頂きます
2006.11.12 中国「中部勃興」戦略でいう中部地域の核心都市である「武漢知財日韓考察団」が来社
2006.11.03 当社CEOが (独)産業技術総合研究所 の研究者と共同で 国際ビジネス研究学会 にて発表
2006.10.01 当方CEOが「第2回世界傑出華人財富大会」(中国太平洋経済合作全国委員会等主催)に受賞者またパネラーの一人として参加
2006.09.14 当社視察企画・近畿日本ツーリスト旅行企画・実施 「中国武漢・光電子国際博覧会公認視察ツアー 」ついに公開
2006.09.01 日中テクノビジネスフォーラム等主催 「現代中国のハイテク産業&ローカル文化ミニセミナー 」に出講予定
2006.08.29 当社自主企画 「科学技術の夢とロマン 」 第15弾「環境ビジネスの裾野の広がりと今後の成長への期待」が公開
2006.07.15 地理・GISの専門情報誌 GISNEXT No.16 が当社が運営支援等を行った 「日中共催 ALOS セミナー 」報道


2006.06.17 当社CEOが(独)産業技術総合研究所の研究者と共同で 日本知財学会第4回研究発表会 にて発表
2006.05.10 財団法人光産業技術振興協会 が発行される「光技術動向海外調査報告書」に 当方も執筆
2006.04.10 当社MOT研究所が運営する 「 テクノ・ビジネス・デザイン 」 サイトは試公開。ご意見やご提言等を こちら へどうぞ!
2006.03.05 ALOS利用協議会 公式サイトが当社コラム「科学技術の夢とロマン」のミニレポートを紹介
2006.02.20 当社運営の専門サイトの一つ、「中国ハイテク産業の窓 」は好評を受けて日中合流 を新設し、随時更新中
2006.01.24 日本 Springboard 特別パネルセミナ−「 たこつぼを出れば青い空が広がる 」にパネルリストとして参加
2006.01.16 初公開!当社が提供してきたサービス事例の一部を掲載。ご関心の方は「事例紹介 」をご参照くださいませ
2006.01.04 新年のご挨拶 「あなたの成功を支える創発的インタフェースとして・・・


2005.12.25 年末年始の 2005年12月29日-2006年1月3日 は新年の休暇とさせて頂きます
2005.11.30 中国情報局を運営される株式会社サーチナ主催「中国IT及び関連産業の動向」セミナーにて講演
2005.11.11 ISS産業科学システムズ ブレインセンタ−主催 「中国ビジネスで生きる知財戦略 」に出講
2005.10.25 日本で唯一の中国 IT 白書2005-2006(株式会社サーチナ総合研究所企画編集)に設けられた特集の対談に登場
2005.10.12 中国光通信に関する三大技術領域を持つ唯一の企業とも称される烽火科技グループ訪日代表団が来社
2005.09.14 中国国家ハイテク産業開発区の一つ、済南ハイテク産業開発区訪日代表団が来社交流
2005.09.03 中国黒竜江省劉学良副省長、張暁偉知的財産局長等7名の訪日代表団と懇談
2005.08.01 月刊機関誌「企業診断ニュース」(社団法人 中小企業診断協会)年8月号にて当社佐藤による特別寄稿「武漢・中国光谷をゆく」 を掲載


2005.07.18 日刊工業新聞 当社の「中国光谷(中国光産業の代表地)・光国際博覧会開催への協力事業開始」を報道
2005.07.15 社団法人 コンピュ−タソフトウェア著作権協会 ( ACCS) が主催される記念シンポジウムで、当社張が出講(報道1報道2)。
2005.07.01 当社と中国光通信産業の発祥地・武漢に設けられている 中国光谷・中国光博覧会との相互協力協定が発効
2005.06.21
中国上海市に続けて「知的財産戦略綱要」を打ち出した 武漢市知的財産研究会主催のセミナ−で、当社張が講演(中国語)
2005.06.20 中国で著名な総合大学の一つである華中科技大学などにて、当社張が日中間の相互理解を深めるよう、大学人向けて講演(中国語)
2005.06.17 当社と中国国家ハイテク産業開発区の一つ・済南ハイテク産業開発区国際合作局との相互協力協定を調印
2005.06.07 中央大学政策文化総合研究所にて、当社張が 「中国大学発ベンチャ−モデルの現状、背景及び動向」を題に講演
2005.05.29 Regional & International を統一キ−ワ−ドとする 日本知財学会 第3回年次学術研究発表会にて当社張が講演
2005.05.16 当社主宰・編集 「中国ハイテク産業の窓 」 を更新し、 多様な情報をタイムリ−に提供。ご提言やご要望をありがとうございます!
2005.05.06 より分かりやすく、より近く、より具体的になるように、業務内容 をはじめとする当社ホ−ムペ−ジの一部をリニュ−アル
2005.04.14 立教大学大学院 ビジネスデザイン研究科 (MBA) ビジネスデザイン特講1(社会人向け、MOT関連講義) を再開
2005.04.08 当社のご利用様の 個人情報の扱いに関する基本方針 (個人情報基本方針等)を改定し施行


2005.03.27 ビジネスモデル学会 2005年春季年次大会にて、「ビジネスモデルの具現化に必要なスキルの養成についての一私見」を講演予定
2005.02.14 当社業務等拡を大のため、開拓精神旺盛な人材を募集致します。詳細は当社 人材募集ペ−ジ をご覧ください!
2005.01.25 当社自主企画 「科学技術の夢とロマン 」 第4弾が公開。 「富士山を思う・・・三つの衝撃から・・・」
2005.01.17 ご提言やご要望などを受け、 当社主宰 「中国ハイテク産業の窓 」 を更新し、本格的編集がスタ−ト
2005.01.10 社団法人情報科学技術協会会誌「情報の科学と技術」にて「中国における知的財産事情の最新動向」を掲載
2005.01.05 あけましておめでとうございます!「心を込めて、ささやかなことから、新たな喜びを・・・ 」当社社長による新年のご挨拶
2004.12.12 中国北京、上海、武漢、南京 4都市にてハイテク産業開発区や大学などにて調査、考察、講演等を実施
2004.11.30 当社と中国初の知財産業パ−ク 「上海知識産権園 」運営会社と 協力協定の調印式を実施
2004.11.28 当社が「中国商標制度百年記念及び企業商標戦略フォ−ラム」の開催を後援し、同フォ−ラムにて講演
2004.11.08 待望の編集がスタ−ト!当社主宰 「中国ハイテク産業の窓 」 。ご提言ご要望を募集中
2004.10.15 社団法人 中小企業診断協会月刊機関誌「企業診断ニュース」10月号において、当社佐藤による訪問記 が掲載


2004.09.28 当社主催 (北京金杜法律事務所共催) 特別セミナ−「日中知財ビジネス最前線 」 を開催
2004.09.27 日刊工業新聞 「アジアへの扉 」 コラムに 「進出前に知財戦略を 」を題とし、当社を紹介
2004.09.14 日本ユニシス株式会社 ビジネスマネジメント本部 主催セミナー において講演
2004.08.16 日刊工業新聞 が日中テクノビジネスフォ−ラム(当社、事務局等)主催 第1回日中ネットシンポジウム 報道
2004.08.10 日中対流、 中国ハイテク産業開発区等への訪問等に関する写真報告が更新、当社主要業務に 業務実績 の一部を追加
2004.07.29 BMA 日中テクノビジネスフォ−ラム 主催 第1回日中ネットシンポジウム 「日中の技術共栄モデルの構築に向けて 」 の開催を協力
2004.07.14 当社自主企画 「科学技術の夢とロマン 」 第二弾が公開。 ALOS利用協議会はMOT実践の場になるのか、ほか
2004.07.10 早稲田大学 日本アジア経営・技術統合研究所 木下教授主宰 中国研究会 2004年第4回 において講演
2004.07.09 月刊地理 」7月号 巻頭企画 「地理 =観光ガイド?」 において、当社佐藤による一コンサルタントの立場からの 考察記事が掲載


2004.06.25 お待たせ!実務家が教える・・・実務的なポイント 」(主宰 韓登営 弁理士先生) 第二弾 掲載
2004.06.17 お待たせ!新コラム 「科学技術の夢とロマン 」 (主宰 佐藤暢取締役)がスタ−ト。世界唯一の宇宙旅行テ−マパ−ク・・・。
2004.06.03 SMK TEXPO 2004 (主催 SMK株式会社 6月2日〜6月4日)同時開催 記念セミナ−出講
2004.05.30 ビジネスモデル学会 海外コンペンションにて、 「日中 IT 用語及びビジネス文化に関する一考察」を講演
2004.05.22 日本知財学会 知財ビジネス分科会 第6回研究会にて「テクノビジネスモデルの構築における知的財産の底力」を講演
2004.05.06 新コラム 「実務家が教える・・・実務的なポイント 」(主宰 韓登営氏、当社編集作成)がスタ−ト
2004.04.24 ビジネス必見サイト Biz@nifty後悔する前にまず専門家に相談を 」との記事で当社を紹介
2004.04.20 独立行政法人 日本貿易振興機構 ・財団法人 ジェトロ厚生会共同主催国際ビジネス講座で出講
2004.04.12 業界誌 GISNEXT No.7 トピック欄で 財団法人 KIIS 主催 「最新動向 フォ−ラム」 を報道(当社もパネラ−として参加
2004.04.12 中国で最も歴史のある 民営知的財産事務所の一つである、 北京三友知識産権代理有限公司代表取締役会長李強氏が当社を訪問
2004.04.01 立教大学大学院 ビジネスデザイン研究科(MBA) ビジネスデザイン特講1(社会人向け、MOT関連コ−ス) を担当


2004.03.31 ビジネスモデル学会 春季大会にて、「 GIS の用途開発とビジネスモデルの構築に関する一考察」を発表
2004.03.09 業界紙 日刊建設通信新聞 関西版が財団法人KIIS主催 下記「最新動向フォ−ラム」 を報道
2004.03.03 財団法人 関西情報・産業活性化センタ−(KIIS) GIS/ 電子地図の会主催 「最新動向フォ−ラム」にパネリストを務める
2004.02.17 日立製作所 ト−タルソリュ−ション事業部主宰 技術系総合リンク の複数カテゴリ-に登録
2004.02.17 ちょうはがき ( No.25 これからどうすべきか? 200億円判決を読んで・・・) 発明対価200億円支払命令 判決全文を転載 (0202)
2004.01.29 技術経営e-プラットフォ−ム 技術経営コンソ−シアム当社の技術経営関連サービスを周知
2004.01.20 日本語で読む中国情報専門紙 週刊 チャイニ−ズドラゴン が 当社の調査活動の動向を報道
2004.01.15 当社後援無料メルマガ、 「ちょうはがきNo.23 見えない行列、邪魔になる常識、作り上げる喜び ) を配信
2004.01.07 技術経営e-プラットフォ−ム 技術経営コンソ−シアム が当社の同技術経営コンソ−シアムへの参加を承認
2004.01.06 知財情報局、当社提供 「MOT社内研修会 出張開催サ−ビス開始 」の発表に関するニュ−スを掲載
2004.01.05 どうする?ズバリ直球第一弾: 後藤和弘先生 「産学官連携の緊急性と推進方法に対する提言 」を一般公開!Q&A 掲載開始


2003.12.17 独立行政法人 日本貿易振興機構 ・財団法人 ジェトロ厚生会共同主催 「ジェトロ国際ビジネス講座 」D部門に出講
2003.12.15 立教大学法学部講義に 「知的財産権と独占禁止法 ( 技術ライセンスと不公正な取引方法 ) について」 のゲストスピ−カ−を務める
2003.12.10 財団法人日本測量調査技術協会 第7 技術部門主催 「GIS とビジネスモデルの構築」 に出講
2003.11.26 アジア IT ビジネス研究会 主催 第27回セミナ−に出講「日中ビジネスと知的財産権 」
2003.11.19 経済産業省関連事業 デジタル・ニュ−ディ−ル DNDメルマガ が当社を紹介・激励
2003.11.15 当社公式ペ−ジ Ver.1アップロ−ド、12月31日までの試運用、ご意見やご提言を 募集中
2003.11.07 レクシスネクシス・ジャパン社 リガ−ルコラム No.2 に当社社長の論考を掲載
2003.10.31 全国都市会館にて、社団法人ACCS主催 「法と実務から見た対中コンテンツビジネス進出のポイント」 セミナ−に出講
2003.10.29 月刊誌「eコロンブス 」クロ−ズアップ 編集長インタビュ−に当社社長が登場 、日中間の知的財産摩擦に 直言
2003.10.23 株主総会や取締役会議などを経て、株式会社技術経営創研 という商号での登記にて会社を設立
2003.10.14 東京大学生産技術研究所にて、日本写真測量学会主催 「3次元 GIS の応用」セミナ−に出講